マシンの修理等について

マシンのメンテナンス・修理は、基本的に代理店・特約店様にて行います。

・補修部品表(PDF)

 

マシンの調子が悪いかなと感じたら

発射されるボールがお辞儀(落ちる)してしまう。

  1. 設定している球種・球速ダイヤル値を確認してください。
    球種ダイヤル《2》になっていますか。
  2. 球種ダイヤル《2》では球速ダイヤル《8》まででご使用ください。
  3. 球種ダイヤル《3》で、球速ダイヤル《9》、球速表示120km/hまでがストレートとして使える設定値の最大値です。

球速を速くすればするほど、投入されるボールの状態がボールのコントロールに大きく影響されやすくなります。その場合は、できるだけボールの状態が良いものを選定して用意しご使用ください。

コントロールが悪くなった。

このようなケースでは、多くの場合、ボールの消耗度によるボールのばらつきが原因と考えられます。

  1. 新品のボールを一個用意してください。
  2. マシンを設置して球種ダイヤル《2》、球速ダイヤル《7》に設定してください。
  3. 準備した一個のボールを10回ほど投入してそのコントロールを確認してください。
    コントロールが良ければ、マシンに問題はありません。
  4. マシンをその状態のままに普段使用しているボールをすべて用意して約10秒間隔で投入しボールのコントロールを確認してください。
  5. 極端に落ちるボールは選別してマシンには使用しないようにしてください。
  6. これで、マシンに使用するボールが同じ状態に近いものが選定できますので、コントロールが安定します。

3.のテストで、コントロールが悪い場合は当社にご相談ください。

マシンのブザーが鳴りっぱなしになり、
ローターが回転しない。〈その1〉

  1. まず、運転スイッチは切らずにスピード調整ダイヤルを《1》にしてください。
  2. 次にスピード表示機にエラーコード(E01〜E08)が表示されているか確認してください。
    エラーコード《E03》もしくは《E04》が表示されている場合、マシンにボールが詰まっている(E03は上ローター側、E04は下ローター側)可能性があります。
  3. 運転スイッチを《切》にして、マシンの電源コードのプラグをコンセントから外してください。
  4. マシンのボール発射口から手を入れてローターを回してみたり、投入口などから内部を除いたりして、ボールが詰まっていないか確認してください。
  5. ボールが詰まっていたら、ローター・カバーの交換方法の要領でカバー、ローターを外してボールを取り除いてください。

マシンのブザーが鳴りっぱなしになり、
ローターが回転しない。〈その2〉

バリアスマシンはマイコンによる制御をしております。電源からのノイズ等の影響を受けてマイコンエラーが発生し、マシンが停止してしまうことが稀にあります。

  1. スピード表示機にエラーコード(E01〜E08)が表示されていることがありますので、確認してくだい。
  2. 運転スイッチを《切》にして 、マシンの電源コードのプラグをコンセントから外してください。
  3. 10秒ほど待ってから、電源コードのプラグをコンセントに接続してください。
  4. 運転スイッチを《入》にしてローターが回転しているか確認してください。
  5. 再度、エラーが発生してしまう場合は当社にご相談ください。

マシンにボールが詰ったら

 

 

Copyright(C) TANAKA ELECTRIC CO.,LTD. All rights reserved.